元公務員webライターの軌跡。

20代で公務員を退職し、フリーランスのwebライターになった海琴(みこと)が、仕事の記録を残していくブログです。

劇団四季のライオンキングを見に行きました!

こんにちは!元公務員Webライターの海琴(@mikoto_write)です^^

 

7月はブログの更新回数を増やすという目標を立てましたので、雑記を含めて書いていこうと思います^^

今日は、私の大好きな劇団四季のミュージカル、ライオンキングを見に行ったお話です♪

 

 

ミュージカルの帝王・ライオンキング!ミュージカルならではの見どころは?

ディズニーアニメでも有名なライオンキングは、ミュージカルでも不動の人気を誇る作品の1つです。

ライオンキングの日本公演は1998年東京でスタートし、今年で18周年だそうです。

 

トーリーは大まかに言ってしまえば、主人公であるライオン・シンバの成長ストーリーという感じでしょうか。

トーリー自体はディズニーアニメで知っているという方にも、是非ミュージカル版ライオンキングを見ていただきたいです!

以下に見どころを2つ挙げておきますね^^

 

見どころ①動物の動きや表情を、マスクやパペットで表現!

ライオンキングの1番の見どころは、マスクやパペットで動物の動きや表情を細かく表現していることです。

f:id:mikoto-koto:20170708132729j:plain

(ライオンキング 北海道四季劇場パンフレットより撮影)

例えば、上の写真の右側・ミーアキャットのティモンは、後ろの緑の人がパペットを動かして演じています。

 

f:id:mikoto-koto:20170708132707j:plain

ライオンキング 北海道四季劇場パンフレットより撮影

 これは悪役のスカー。王の座をねらうシンバの叔父です。頭についているライオンのマスクは、引っ張って顔の前に持ってくることができます。

 

このようにパペットやマスクなどを動かして表現するのは、ミュージカルというより人形劇に近いところがあるかもしれません。

 

他にも竹馬で長い脚を表現したキリンや、4人の俳優が4つの足を動かすゾウなど、沢山の動物をパペットで表しています♪

 

見どころ②セリフの一部に方言が使われている!

有名な劇中歌である「ハクナ・マタタ」(「心配ないさー♪」の曲)を歌う陽気なコンビ・ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァ。実はこの2匹のセリフは、上演する地方によって異なる方言が使われているのです!

 

例えば、ティモンがプンバァに向かって「ばかなこと言うな!」と怒るシーン。

 

  • 東京(江戸弁):このばかたれが!
  • 北海道(北海道弁):はんかくさいこと言うなや!
  • 大阪(河内弁、京都弁):ワレ頭おかしなったんちゃうけ!
  • 名古屋(名古屋弁):このドタワケ!
  • 福岡(福岡弁):こんバカチンが!

 

「ばか!」と怒るシーンだけでもこんなにセリフに違いがあるんですよ!

これはティモンとプンバァが田舎にいることを表現するために、方言を使うことにしたからだそうです。

 

北海道の人は「はんかくさい」を普段から使うのかと聞かれると疑問ですが(笑)

それでもセリフの意味が全て理解できたため、やはり正しい方言が使われているといえるでしょう♪

 

まだ北海道弁の2匹を見たことがない方は、是非北海道で見てみてくださいね☆

生まれも育ちも北海道の私が言うのもなんですが、北海道弁は田舎感丸出しで面白いですよ。笑

 

ちなみにyoutube劇団四季公式チャンネルでは、北海道の方言バージョンをチラ見せしてくれていますよ!

www.youtube.com

 

2度目のライオンキング!複数回見に行く理由とは?

実は5月頭に1度ライオンキングを見に行っていまして、今回は2度目の観劇でした!

よく「1回見に行ったなら、もう良くない?何で何回も見に行くの?」と聞かれるのですが、気に入ったミュージカルは何回か見に行きたくなるんですよね。

 

理由は、「色々な距離や角度から見ることによって、雰囲気が全然違って見える」からです!

 

例えば、前回見たときには前から2列目の中央、若干左寄りからの席から見ていました。

かなり前の席で見たため、全体を広く見渡せるというより、動物の動かし方や衣装の細かいところをしっかり観察できたんです^^

 

しかし、ライオンキングはたくさんの動物が一気に出てくるシーンがあります。最初とか最後とか。

そこで前の席に座っていると、前にいる動物の陰に隠れて他の動物が全く見えない!という状態になってしまうのです。

前回は、シンバとナラが並んでいるめちゃくちゃ良いシーンが、前にいた鳥を操る俳優さんの陰に隠れてしまって、全く見えなかったという悲しい思い出があります。笑

 

そのため、1回前の席で見たら今度は少し後ろで見る、左の席で見たら今後は右の席で見る、と角度を変えることで、見える風景が全然違うため、何度も楽しむことができます!

 

お気に入りのミュージカルができたら、この「角度や方向を変える」見方を是非してみてくださいね♪

 

 

ちなみに私は、一番大好きなミュージカル「キャッツ」が北海道で上演されているときには、4回行きました☆笑

幼少期にも2回見に行っているので、トータルで6回見たことになります笑

 

キャッツは何回見ても感動しますし、席によって誰と握手できるかが変わるから、何回でも行きたくなるんですよね~♪ いつかタガーに連れ去られたい♡

 

※知らない方にはわけのわからない文章ですみませんでした※

 

超ラッキー!!終演後の「リハーサル見学会」!

 観劇3日前に、劇団四季の会員メールにこんなことが書いてありました。

 

『7月6日(木)の終演後、北海道四季劇場では第2回「リハーサル見学会」を開催いたします。』

 

えっ!? 6日って私が見に行く日じゃん!?リハーサル見られるの!?ライオンキングの!!??

きゃーーーーーーー!!!

 

と思わず叫びそうになりました。笑

 

劇団四季は大好きで、四季劇場にも何度も足を運んでいるのですが、公開リハーサルを行う日に見に行けたのは初めてなんです!

 

リハーサル見学会に参加するためには、指定された日時の公演チケットを持っている必要があり、開場中または休憩中にチケットを劇場の受付まで持っていくことになります。席はチケットと同じ座席ではなく、先着順で前から埋まっていくようでした。

 

終演後約30分間、俳優さんたちがリハーサルを行う様子を見学することができるのです!

 

皆さん衣装やマスク、パペットなど小道具は全て外しており、練習着と思われるTシャツやスウェットなどで位置や細かい動きを確認していました。

 

舞台メイクもしていないため、セリフでどのキャラクターか判断しなければいけないのも見ていて面白かったです!

 

先ほど写真を載せましたが、ティモンのようにパペットを使って表現されているキャラクターは、パペットを持っていないと誰だか全くわかりませんでした。笑

 

公開リハーサルは毎日行われるわけではなく、行う日も公開されていません。数日前に四季の会員メールでお知らせされるようです。

 

ライオンキング札幌講演のスケジュール、チケット料金

ライオンキングは2017年3月5日から開演しており、10月29日まで上演を予定しています(7月8日時点)。

 

チケット料金は3,240円~10,800円と差があり、前の席にいくほど高くなりますね。

四季の会会員であれば、一番良いS席は少し安く買うことができますよ♪

 

また、平日の昼間は少し安いウィークデー料金になることもありますので、劇団四季の公式サイトをチェックしてみましょう♪

www.shiki.jp

 

ライオンキングはミュージカルの帝王と言われているだけあって、本当に素晴らしい作品だと思います!

見たことがないという方は、是非見てみてくださいね♪

 

私も北海道弁以外のライオンキングを見てみたいな~^^