元公務員webライターの軌跡。

20代で公務員を退職し、フリーランスのwebライターになった海琴(みこと)が、仕事の記録を残していくブログです。

フリーランスの初めての名刺作成について!記載内容やおすすめ会社!

こんにちは!元公務員webライターの海琴(@mikoto_write)です^^

フリーランスになってから、スキルアップのために勉強会やセミナーへの参加を決めているのですが、5月に入るまで名刺を作っていなかったので、慌てて作ることになりました。笑 そこで今回は、フリーランスになって初めての名刺づくりについて、お伝えしようと思います♪ 

~目次~

 

フリーランスで生きていくなら、名刺は絶対に必要!

 フリーランスは基本的に、営業をして仕事を見つけていかないと食べていけませんよね。その営業の際の商売道具として、自身の印象を残すことができる名刺は必須です。直接会って営業をして仕事をもらうという方はもちろん、主にクラウドソーシングなどで仕事をしていくという方も、勉強のために参加したセミナーなどで知り合った人と名刺を交換することで、仕事に繋がる可能性が上がります。何よりも、フリーランスは人との繋がりが重要ですから、とりあえず名刺の交換をした人から思わぬ仕事が舞い込んでくる、ということもあり得ます。

また、デザイン力が必須のクリエイターなどは、名刺でいかに個性が出せるかによって自身の技量を証明できますから、個性的な名刺が必要です。 

フリーランスになったばかりだと、タスク管理や仕事のスピードもまだ身についていませんし、仕事をしなければ収入がないという焦りからとにかく仕事をこなし、名刺の作成はつい後回しにしてしまうかもしれませんが(私は、しました。笑)、いつでも自分が興味のあるセミナーに参加したり、人と会ったりできるよう、早めに準備しておくのがおすすめです。

フリーランスの名刺はどうやって作る?デザインができるかによって変わる!

私は会社員時代、会社から必要事項を記載した名刺のデータを渡されていたので、自分で名刺を作ったことがありませんでした。フリーランスが名刺を作る場合は、大きく分けると以下の3つの方法があります。 

1. 自分でデザインをする

 自分でデザインができるのであれば、データ入稿専門の制作会社に依頼すると、安く印刷してくれます。既存のテンプレートデザインが少なくても、データどおりに安く綺麗に印刷してくれるという会社にお願いすると良いでしょう。

名刺良品

www.meishiryohin.com

完全データ入稿専門の名刺作成会社で、イラストレーターで作成したデータを送れば、印刷代と配送料の合計800円(税別)で名刺を作成してくれます。

 2. 既存のデザインを利用する

私のようにデザインセンスが皆無な方は、印刷会社で公開されている既存のテンプレートを利用するのがおすすめです。他の人と被ってしまう可能性もありますが、シンプル・キュート・季節を表すもの・動物など、豊富な種類があるため、自分で好きなものを選ぶことができます。字体や文字の色を好みのものに変更できるところもありますし、何より安く作ることができるため、収入に不安のある方も安心して作ることができます。

マヒトデザイン

受付当日出荷!格安名刺印刷のマヒトデザイン

web上でテンプレートを選び、字体や文字色を簡単に変更できる「デザイン注文」により、ある程度自分でカスタマイズした名刺を作ることができます。完全データ注文も受け付けていますので、自分でデザインしたデータを使いたい方も発注できます。デザイン注文の費用は100枚両面カラーで590円から+発送代金。

 3. オーダーメイドで依頼する

自分でデザインはできないけれど、自分だけのオリジナルデザインの名刺を作りたい!という方は、プロのデザイナーが希望を聞きながら作成してくれる会社もあります。プロがデザインしてくれるため、既存のテンプレートを使うよりも値段が高くなりますが、その分あなただけのおしゃれな名刺を作ることができます。

名刺クック

『名刺作成』のプロフェッショナル集団【名刺クック】

テンプレートに基づいた印刷の他、オリジナルの名刺作成も承っています。特に希望がなくても提案を受けられるため、デザインのアイディアが湧かないという方にもおすすめです。初回費用は3,740円+印刷費(100枚両面フルカラーであれば3,180円)。

また、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングを利用して、デザイナーの方に名刺のデザインを発注するという選択肢もありますね^^ 私も収入が安定してきたら、是非デザインができる方に作っていただきたい!!

フリーランスの名刺の記載内容はどうすればいい?

 セミナーに参加する前に名刺を作ろうと、慌てて探し始めましたが、幸い名刺の作成にはあまり時間がかからないと知り、ほっとしました。しかし、いざ名刺を作ろうとして困った問題がありました。それは、記載内容

会社員時代は、

  • 会社名
  • 所属
  • 役職
  • 所在地
  • 氏名
  • 電話番号&内線番号
  • FAX番号
  • メールアドレス

と、情報盛り沢山な名刺を使っていましたが、自分で作るとなると、

フリーランスって、名刺に何書けばいいの・・・??」

という疑問が生じました。

所在地として自宅の住所を書くのも気が引けるし、電話番号も仕事とプライベートで分けていないし、まだクラウドソーシング以外で個別に仕事を引き受けたりしていないし、個人のホームページも作っていないし・・・

ということで結局、以下のように非常にざっくりとした情報の名刺になりました。笑

今後仕事をしていくにつれて、名刺の内容も変えていくつもりです!

 

今回はマヒトデザインでお願いしましたが、テンプレートのデザインも豊富でおしゃれなものがたくさんありますし、字体や色などはオンライン上で変更が可能で、特別なツールを使うことなくカスタマイズができます。何より対応が迅速で感動しました!

私は片面カラーだったので、印刷代は390円で済みました^^ 安い!

フリーランスになったら、とりあえずでもいいから名刺を作ろう!

 初めからおしゃれで完璧な名刺を作ろうとせず、とりあえず自分の紹介となる名刺を作成しておくと良いです。盛り込みたい情報があれば気付いたときにメモしておいて、名刺を作り直す際に足していけば良いのです。

また、裏面をメモ欄か空白のデザインにすれば、相手に教えたい情報をそこに手書きで書き足すこともできますので、最初から完璧を求めてなかなか名刺づくりに踏み出せないより、とりあえず初めての名刺だからと割り切って作ってしまってもいいかなと思います!作ることがなによりも大事!

 

私はフリーランスの方の名刺を持っていなかったので、とりあえず最低限の情報だけを記載した名刺を作りましたが、今後フリーランスの方と知り合って名刺をいただけたら、どんな記載内容なのかを見て、自分の次の名刺づくりの参考にさせていただこうと思っています(^^)

 

以上、フリーランスの初めての名刺づくりについてでした☆ではでは(^^)/