元公務員webライターの軌跡。

20代で公務員を退職し、フリーランスのwebライターになった海琴(みこと)が、仕事の記録を残していくブログです。

未経験ライターは受注が大変 & 4月の収入報告

こんにちは!元公務員webライターの海琴(@mikoto_write)です^^

 

さて、フリーランスのwebライターになってから、1カ月ほど経ちました。

個人事業主として仕事をするために、税務署に開業届も提出して、「よーし、バリバリ仕事するぞー!」と意気込みつつも、4月中旬まで自宅でネットが使えなかったので、スタバやコメダなどのカフェで仕事をしていました。

こんな感じで。

f:id:mikoto-koto:20170428111052j:plain

 「あいつカフェでパソコンしてる~ ノマド気取り乙!」

とか店員さんに思われているのでは!?と内心ビクビクしながら仕事をすること2週間。その後は自宅でインターネットが使えるようになったため、基本的に自宅で仕事をしています♪

 

まだ1カ月しかwebライターの経験はありませんが、少しずつ、仕事をもらうことができるようになりました^^

 

しかし、実績がない私にとっては、

「仕事を受注するのって、こんなに大変なんだ・・・!」

と改めて思い知らされた1カ月でした。

 

過去に執筆した記事もないため、仕事をもらうためにはテスト記事を提出しなければならず、その提出した記事が依頼主の希望通りでなければ依頼はもらえない。

 

この「テスト記事を書いて、長期依頼にこぎつける」ことが、とても大変です。提案をしては落ちて、別の案件を探して提案して、また落ちて。というのを繰り返すたびに、若干心が折れかけました。(メンタル弱いんです・・・笑)もう、この提案お断りの無限ループから抜け出せないんじゃないかと思ったくらい。笑

 

しかし、そんな中でも依頼をいただけた案件に対して、丁寧な記事づくりを心掛けていたところ、クラウドソーシング上で依頼主の方から高評価をいただくようになりました!

 

まだまだ実績は多くありませんが、「きちんと本人確認を行っている(居住地や本人確認書類の登録など)」「依頼主から良い評価を得ている」という点が良かったようで、仕事を依頼したいという相談も数件受けるようになりました!

 

結果、フリーライター1カ月目でも、仕事がなくて困るということはなく、複数の案件を並行して仕事ができている状態です(*^_^*)

 

仕事をどこからもらっているか、内訳を見てみると、

・ランサーズ:40%

クラウドワークス:40%

・その他(在宅ライターを募集していた会社に応募):20%

という形で、現在は仕事をしています!

 

仕事についても、クラウドソーシング上で完結するお仕事以外に、会社独自の記事作成ツールを使用して納品するものや、チャットワークやgmailで仕事のやりとりをして、お支払のみクラウドソーシング上で行うものなど、仕事によって形態が異なっています。

 

今は案件ごとに決められている指示書やマニュアルを何度も確認しながら、少しずつ作業を進めている状態ですので、もっと作業効率が上げられるように、早く仕事を覚えたいです♪

 

 

さて、気になる今月の収入ですが・・・

 

合計:17,320円(システム手数料除く)

 

 

はい。これが続くと専業では生活していけないですね・・・

 

ですが、私個人の感想としては「未経験ライターでも、収入を得られるんだ!」と実感できたのが大きかったです。

 

未経験でも、しっかりリサーチをして丁寧な記事づくりを心がければ、クライアントの方もお仕事をくれて、報酬もちゃんともらえる。実際に少額でも自分で稼げたことが、とても嬉しいです。

 

確かに、このくらいの月収が続くようなら専業は難しいと思いますが、実際に仕事をもらえるようになるまでに時間がかかったり、解放感にあふれてのんびりしてしまったり(←これが大きい笑)、4月の反省点を活かすことができれば、来月はもう少し稼げるんじゃないかと予想しています!

 

なので、まずは初心者が1万円も稼げたことに、胸を張ろうと思います(*^ω^*)エッヘン!

 

とはいえ、このままでは生活が苦しくなる一方なので笑

来月は月収5万円を目標にして、作業計画を立てようと思います!

 

まだまだ「専業ライターは稼げる!」というには程遠いですが、今後収入を伸ばしていきたいと思いますので、よろしくお願いします(^_^)/